面接辞退の連絡は早めが基本

岐阜県といえば東海の主要都市である、名古屋に近くまた関西にも近い位置にあるため就職活動をする時に拠点としやすい地域です。

しかし、いくら仕事が探しやすいとはいえ就職難の時代だけに、常に就職活動に明け暮れる毎日を過ごしている人も多いことでしょう。

そのため、面接も毎日のようにあるという人もたくさんいます。

そのような活動の成果が実り内定をもらう事ができた時には、努力が認められたようでとても嬉しいものですがそこでまずする仕事が一つあります。

それは、残りの企業に面接辞退の連絡を入れることです。

丁度最後に受けた企業から、内定をもらったという場合は別ですがそうでない場合は、その後に面接を受ける予定だった企業も多くあります。

そのような企業に対して、早めに辞退をする連絡をするのは基本的なことです。

企業側としては面接の辞退があることは想定内ですので問題とはなりませんが、ギリギリに辞退の連絡があると面接を予定していた時間が無駄になってしまうことがあるので、早めに連絡をすることは基本になるのです。